坐骨神経痛の検査方法は?【取手-坐骨神経痛-K2整骨院】

取手-坐骨神経痛

坐骨神経痛かな? まず受診すべきは整形外科!

お尻から太もも、すね、足底にかけ痺れや痛みが生じたり、力が入りにくいなどの自覚症状が出た場合、少しすれば治るだろうと放置してしまう方は要注意です。これらの症や状から坐骨神経痛が疑われる場合、できるだけ早く整形外科を受診してみましょう!

坐骨神経痛の症状以外に下記の症状が出た場合は、神経痛の原因となっている内臓疾患や腫瘍が疑われることもあるので、早めにに医師による診断が必要になります。以下の症状がある場合は、早急に整形外科を受診して下さい。緊急の手術が必要な場合があります。

  • 足に力が入りにくい
  • 歩行がしづらい、歩行困難になった
  • おしっこがでづらい、排便障害が見られる
  • 横になって休んでいても下肢の痛みが強まる

    坐骨神経痛の検査・診断方法

    整形外科では、坐骨神経痛の原因を調べるために様々な検査を行います。自覚している症状について医師と話をした後、体の状態を把握するために、歩行や姿勢、動作を確認。そして、背骨や骨盤で痛みやしびれを感じる部位に直接触れたり、下肢を持ち上げたり、力の入り具合を見るなどの検査があります。

    検査が痛くて苦痛ではないかと心配される人も多いようですが、基本的な検査では下肢を動かして痛みを見る検査があるものの、ひどい痛みを伴うようなつらい検査はありません。ただし、閉所恐怖症や心臓ペースメーカー使用中の人、体内に金属のある人などは一部の画像診断が受けられないことがあるため、腰部に針を刺し造影剤を注入する少し痛みを伴う検査をする場合があります。

    脊椎の状態や炎症、腫瘍、筋肉や神経組織などを調べるために、それぞれに適した画像検査があります。主なものはX線検査、CT(コンピュータ断層撮影装置)、MRI(核磁気共鳴映像法)などです。

    坐骨神経痛の治療法は?

    お薬や注射、運動療法という方法もございます。ただお薬や注射は根本的に解決する治療でなく、効果が切れると痛みが増した、痛み止めが効かなくなってきたという方がとても多く来院されます。

    根本的に解決してくれる整骨院、整体院で手技療法、運動療法、ストレッチなどを受けることを推奨いたします。

    まとめ

    坐骨神経痛かな?と感じたらまずは整形外科でMRIなどで視覚的に的確に診断して頂く。そのあとは根本的に解決してくれる整骨院、整体院で診てもらう。診てもらう場所、ご自身の選択により未来は大きく変わってきますので、慎重に選んでくださいね!!

取手市 K2整骨院 取手市 K2整骨院

営業時間外のお問い合わせはメールまたはLINE@でお問い合わせ下さい。

 

※ブログに上記を追加してください。

 

 

 

取手-坐骨神経痛 取手市 K2整骨院

 

取手市 K2整骨院取手市 K2整骨院取手市 K2整骨院

 

 

本当につらい方は一度診てもらった方がいいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください